Pic of Creditcards

社会人になって憧れることはいっぱいあります。
親元から離れて夢や希望のあふれた生活を送りたいと願う人は多いものです。
一人前の大人として周囲の人たちから見てほしいがために持ち物や服装にもお金をかけたいと思うようになります。
内面を磨くことはもちろん必要不可欠な事ですが、ついつい外見の事柄に目が向いてしまう人は私も含めて結構多いのかもしれません。
かっこよく見てほしいと考えて、色々なものに興味が湧きたちます。
大人のかっこよさを演出する一つのアイテムとしてクレジットカードを所有する事もあげられるでしょう。
ショッピングを楽しむ際に、支払いをクレジットカードで出来るとなると大人の階段を何段か上った錯覚に陥ったのは私だけでしょうか。
自らが望んでクレジットカードを持つことに決めた人もいれば、街中や銀行などの金融機関で口座開設をする際にクレジットカードを勧められて、その便利さやカードを持つことで様々な得点を受けられるという点に引き寄せられて所有する事に決めた人たちもおられるでしょう。
とても身近な親友がクレジットカードを店内のお客様に勧めるというアルバイトをしていました。
その親友が言うには、勧めに応じて書類に記入してくださるお客様から実に多くの興味深い点を観察でき、学べることがたくさんあるのだそうです。
勧めに応じてくださったお客様からは多くの個人情報を記入していただくことになります。
アルバイトという立場であるとはいえ、そうした大切な情報を責任を持ってきちんと扱う必要があります。
そうでなければその人どころか会社の信頼をなくすことにつながってしまい、多くの従業員たちに少なからず迷惑をかけることになるからです。
お金や人生の行方に大きく影響を与えるアルバイトだと言っても言い過ぎではないでしょう。


これでは、クレジットカードを勧めるアルバイトなどできないじゃないかとは思わないで下さい。
責任感を持って大切に扱うことを怠ってはいけませんが、勧めに応じてくださるお客様と接することから様々な人間模様を知り、社会の構造というのが良いのか、今の時代の流れを紐解くことができるようです。
家族としての在り方や日常生活で何を優先させ、どんな考え方を抱いて生活しているのかをその時のちょっとした時間での会話や書類に必要事項を記入している客の仕草や書くスピードからもその人の普段簡単には見せないであろう一面が伝わってくるので、興味深い仕事なのです。
もちろん、このアルバイトをしておられる方が全員同じように考え行動していることはないと思いますが、カード一枚を持つ時のちょっとした書類の記入をするだけで多くのことを観察できるというかされていると思うと驚きです。
書類審査に当たられる人は当人と会ったことがないわけですが、その記入用紙一枚で、言わばその人がクレジットカードを持つに値する人かどうかを決めるわけです。
きちんとした人に持ってもらうようにしなければ、そのカードを発行する会社にも不利益となってしまうからです。
もう今はインターネットの社会になっていますから、街中や店頭でカードを勧められることはなくなるでしょうか。
そうではなさそうです。
昨日も今日も銀行や大型のショッピングモールを歩いている最中にカードを勧めるお姉さんに声をかけられました。
人はパソコンや携帯の画面よりも人から直接勧められるほうがインパクトは強いものです。
そして、カードを持つことによって得られる具体的な特典もやはり画面ごしよりかは実際に目で見て確認できるほうが分かりやすいのです。
このように考えるとこのバイトをしている友人の言うことも納得できるのです。

        Copyright (C) Card Life All Rights Reserved.