Pic of Creditcards

昔、クレジットカードについて調べてみた事があります。
小論文のようなものを作ることになりましたので、結構本格的に調べて見ることになりました。
そこで面白いことがわかりました。
それはブラックと言う用語です。
これには二つの意味があります。
一つは、返済を滞らせている人のことを指します。
ブラックになるとクレジットカード会社からその点を注意されます。
ブラックになったことを直接言われるわけではありませんが、カードの使用限度額を下げられたり、場合によっては発行、利用を停止される事があります。
これは非常に良くないことです。
調べてみたのですが、毎年、結構な数の人がそうした状況になっているようです。
カード破産者も毎年、かなりの人数発生しています。
ですから、国も色々と規制をしたりしています。
そのあたりのことをレポートにして提出しました。
その時は学生でしたから、私自身はクレジットカードを持っていなかったのですが、カードには非常に詳しくなりました。
一括と分割と言う支払いしかないと思っていたのですが、リボと言うものがあることも知りました。
今でこそ、リボがかなり周知されていますが、当時はそれほど知られていなかったのです。
そして、結論としてはできることなら一括払いが良いと言うことになりました。
カードを使う時は、必ず一回払いにする、と言う持論がこの時にできました。
今ではカードを数枚持っていますが、必ず一回払いにしています。
分割で買わないといけないものは購入しないようにしています。
今のところ、まだなんとかなっています。


さて、ブラックと言う言葉のクレジットカード用語はもう一つあります。
それはカードのランクです。
普通のクレジットカードの上にゴールドカードというものがあります。
これはかなり有名ですから知っている人も多いでしょう。
今では年会費が無料であるゴールドカードもあります。
私は所有していませんが、見たことはあります。実際に触らせてもらいました。
特に変わったカードではありませんでした。
しかし、確かに色はゴールドでした。
そして、その上にプラチナカードというものがあります。
具体的な違いは特典や限度額です。
このあたりまでは有名ですから、知っている人も多いでしょう。
私も調べる前から知っていました。
しかし、プラチナカードの上にさらにランクの高いカードが存在するのです。
それがブラックカードです。
これは凄いことに限度額がありません。
つまり、カードが使えるところなら何でもいくらでも購入できるのです。
まさに金持ち専用のカードです。
それも並大抵の金持ちではありません。
ちなみに、このカードは自分で申請して発行してもらうものではありません。
カード会社から発行しないか、と言う打診がきます。
そして、色々と審査を受けて発行してもらうのです。
収入も必要ですが、社会的な地位も必要です。
残念なことに私はまだ見たことはありません。
おそらく一生に一度でも見ることができたらよい方でしょう。
できることなら、見てみたいものです。
もちろん、所有できるくらいの金持ちになれればそれにこしたことはありません。
このように、ブラックと言う用語には二つの意味があることを実際に調べてみて分かりました。

        Copyright (C) Card Life All Rights Reserved.