Pic of Creditcards

最近のクレジットカードにはチャージ機能のついたものも増えてきています。
これはクレジットカードの中に専用の機械などで、先に5五千円とか1万円とかを入れておいて、電子マネーを清算時に使う方法です。
よくにた物にお財布携帯とか、クレジットカード機能のないカード式やストラップ式のものもあります。
普段よくする食料品などの買い物時に小銭の出し入れをするのは面倒だけれど、後で請求がまとまってくるのは嫌なのでカードはあまり使用したくないといった場合にはあらかじめ入れておいた電子マネーで支払うと大変便利です。
大手スーパーが発行しているカードなどでは電子マネーで買い物の支払いをするとポイントが通常より多くつくなどのサービスを行っています。
私が利用しているチャージ機能付きのクレジットカードもこの大手スーパーが発行しているものです。
カードの左下に電子マネーのマークになっている犬のイラストがちょこんと載っています。
初めてこのカードを作ったときには、まだ電子マネーをチャージできるものがなかったので、二回目にカードが新しいものと交換された際についていました。
カードへの入金方法は現金を専門の機械で入れるか、金額を設定しておくと、銀行口座やクレジットカードから電子マネーで決済して残高が減ると自動的に入金されるオート方式を選ぶこともできます。
利用可能残高が知りたい場合はチャージをする機械やパソコン、携帯端末などからサイトにアクセスして確認することが出来ます。
同じようにお買い物履歴やポイントがつくものであればポイント照会もできます。


この電子マネーの便利な点はやはりお財布代わりに利用でき、小銭のわずらわしさが無いこと。
また自動入金方式にしなければ、普段のお財布と同様、ある分だけしか使えないので使いすぎないで済む点です。
しかし、まだこのチャージ式カードが使える場所は普通のカード決済が出来る場所よりかなり少ないのが現実で、提携しているコンビニやスーパー、宅配の支払いなどでしか使うことが出来ません。
電子マネー決済が出来る場所でも、電子マネーの種類も現在日本で普及しているものが10種類ぐらいあり現段階ではまだ利用協力体制が整っていないため、この電子マーはここでは使えるけどあそこでは使えないといった不便もあります。
ただ最近ではだんだんと利用統合されてきていますので、いずれはどこでも使えるようになるのではないかと思っています。
また利用制限として、切手や葉書、商品券などの有価証券は電子マネーで購入することが出来ません。
また支払い時に残高が足らない場合、足らない分を現金で支払うことは出来ますが、カードや他の電子マネーで不足分を支払うことはできません。
また一番気をつけなければならないことは、電子マネーは現金と同じ扱いで、決済時にサインもいらなければ暗証番号の入力も必要有りません。
ですからうっかりその辺においておくとか落としてしまうと、誰でも使うことが出来ます。
ただし、きちんと管理さえしておけば大きな買い物はクレジットで、普段の買い物は電子マネーでと使い分けられる便利なチャージ機能のついたクレジットカードがあれば、重い財布から開放され便利にお買い物が出来るのでとても便利です。

        Copyright (C) Card Life All Rights Reserved.