Pic of Creditcards

みなさんはクレジットカードを選ぶ時にどの様なことを基準にえらばれるでしょうか。
年会費の安さ、よく利用している企業の提携カード、ステータス重視などそれぞれ目的や価値観などによってそれぞれ異なってくると思います。
携帯電話乗りようが多くキャリアの独自のポイントを多く貯めたいのであればそのキャリアが発行しているカードがよいですし、普段から自動車を運転する機会が多いのであればガソリンスタンドが発行しているカードを利用することでガソリンが安くなったりすることがあります。
また共に通常のショッピングなどでもポイントが貯まるため非常にお得感があります。
ほとんどの方はこのように自分の生活に合わせたカードの選び方を行っていると思います。
クレジットカード会社ごとの特徴比較サイトがこちらにありますので、
どのようなカードがあるのかの参考にしてください。
もちろん私自身も同様の目的でのカードは数種類所持しています。
でもあえて私自身はクレジットカードの選び方としてはやはりステータスを一番重要視しています。
ステータスというとはっきりと言ってしまえば自己満足のようなものです。
一昔前まではクレジットカードのゴールドを所持しているというだけでお店などの支払いの際に優越感に浸れたものですが、現在では割と簡単に取得出来るため過去のような優越感に浸れません。
そこで現在ステータスという点のみでクレジットカードを選択をしてみると以外に少ない事に気づきます。
まずステータスについて選択の一番手としてはプロパーカードか提携カードかということになりますが、断然プロパーカードをお勧めします。
プロパーカードの明確な定義としては他社と提携していない自社のカードということになります。


勘違いしやすいですが細かく見てみると現在カード自体には5つの国際ブランドがあります。
ご存じの通り有名な物ばかりです。
VISA、JCB、マスターカード、アメリカンエクスプレスカード、そしてダイナースカードです。
これらと提携しているカード会社が独自に発行しており尚且つ他社と提携していないのであればそれはプロパーカードということになります。
VISAであれば日本国内において一番有名なのが三井住友VISAです。
またあくまでもステータスを重視としているので利用出来るところが多い少ないはこの際全く関係ありません。
そのような中から消去法で選択してみると逆に有名過ぎるとステータス性は失われてしまいます。
したがってVISA、JCB、マスターカードは選択肢から外れます。
残ったブランドとしてはアメリカンエクスプレスカードとダイナースカードということになります。
ではどちらがステータスとして高いのかとなりますがはっきり言ってそこは個人の価値観により変わってきますのでどちらがということもないですが、アメリカンエクスプレスカードに関しては現在国内においてセゾンカードからも発行していることもあり以前よりはネームバリューは高くなっていますし審査自体も少し緩くなっているそうです。
そうなると残ってくるのはダイナースカードとなり私自身の考えとしてはあくまでも個人的主観ではありますがこのカードが一番ステータス性という点については一番ではないかと思います。
またこのカードはクレジットカードとして世の中に初めて出たカードとしても有名でもあることからステータスという点で選ぶのであればこのカードだと思います。
楽天カードやライフカードは人気のクレジットカードで年会費も無料な上、各種ポイントが付くので、お買い物の際は活用した方がお得です。

        Copyright (C) Card Life All Rights Reserved.